メンズ

海外旅行保険選びはインターネットがお勧め!

増える交通事故への対応

自転車

損害賠償責任の必要性

東京都など複数の自治体で、自転車の安全な利用と損害賠償責任保険への加入等の努力義務が条例で規定されています。これは、自転車事故が交通事故全体の3割近くを占めることもありますし、近年の自転車事故が大きな事故につながるケースが増えているからです。例えば、東京であった事例として、自転車が信号無視をして女性にぶつかって転倒させ死亡させたケースでは約5千万円の損害賠償責任が命じられました。また、小学生が引き起こした事故であっても被害者が寝たきりになったことから約1億円の損害賠償責任が命じられました。このような高額な損害賠償責任が発生すると家族の生活は一変してしまいます。そうならないためにも自転車保険に加入して、損害賠償責任を補償してもらうことが重要なのです。最近の保険では損害賠償責任を3億円程度まで保証しているものもあります。自動車に比べると危険性が低いため、保険料は年間5千円から1万円程度でも十分な補償内容となっています。インターネットで申し込める者も多く、サービス内容も充実しています。自動車事故と同じように、保険会社の方で示談交渉を行ってくれるサービスや電話による無料相談サービスなどもしてくれるところが少なくありません。特に、中学生や高校生など未成年による事故が多いことから、保護者だけでの対応はむつかしい場合が多いので、事故の際に保険会社が直接被害者と示談交渉を行ってくれるのは役に立ちます。